水着の種類や選び方


水着の性能について

水着は、使用目的によって性能が異なります。プールや海で遊泳するために水着を着用する人もいれば、競泳やフィットネス用に着たり、海に潜水するために着たりすることもあります。水着は大きく分けると、遊泳用、運動用、潜水用に分類され、それぞれに適したデザインや素材で作られています。

遊泳用の水着はデザイン性が重視されます。ファッション感覚で楽しむ人が多いので色や柄、形状などの種類も豊富です。薄い色でも透けにくい新素材が開発されたり、スタイルが良く見えるような工夫がされたりしています。

一方、運動用の水着は、体を動かしやすいかどうかが重要です。運動することを前提にした素材や構造で、脱げにくく水の抵抗が小さくなるように作られています。潜水用の水着は、長時間潜っていても体に負担がかからないように、保温性に優れ、浮力の大きいウェットスーツやドライスーツなどです。

水着だけでなくラッシュガードにも、見逃せない性能があります。肌の露出を控えることができるので、紫外線や、擦過傷、低温やくらげなどの有害生物など、様々なリスクから身を守ることができます。日焼け防止効果をアップするために、UVカットの素材で作られているものも多いです。水着やラッシュガード、それぞれの性能を理解して用途に合ったものを選びましょう。