水着の種類や選び方


水着のお手入れ方法

水着は消耗品ですから使っているうちにどうしても劣化してしまいます。水着が体にフィットしなくなったり、生地がたるんできたりしたら伸縮性が悪くなってきたサインです。さらに劣化が進み生地が薄くなると、穴が開いたり表面が白い粉をふいたりします。劣化を予防して、長持ちさせるためには、丁寧なお手入れや正しい方法で保管することが大切です。

水着のお手入れの基本は、脱いだらすぐに洗うことです。プールの塩素や日焼け止めなどが水着に長時間ついたままだと、水着を痛めたり、色落ちしたりする原因になります。脱いだ水着は真水でしっかりとすすいでください。汚れが落ちない場合は、中性洗剤で洗います。洗濯機や脱水機は使わず、手払いが基本です。ぬるま湯を使って押し洗いしましょう。

すすいだ後は、絞らずタオルなどで水気を吸い取ります。水着は高温の熱風に弱いので、乾燥機は使わず、陰干ししてください。干すときは、形を整えて、型崩れするのを防ぎます。保管する時には、型崩れしないように注意します。特に女性用の水着は、カップ部分が型崩れしやすいので、柔らかい紙を詰めるなどしておくと安心です。

正しいお手入れと保管方法で大切に使えば、水着は長持ちします。お気に入りの水着を長く使えるように、ぜひ実践してみてください。